Jiminy Nseries

想像力に、翼を。から始まる地味なMobile Life Blog

大塚国際美術館にいってきました

大塚国際美術館

9/23〜9/25の3連休を利用して徳島県の「大塚国際美術館」に行ってきました。前々から来て見たかった美術館なのですが、2日間にわたって7.5時間かけてたっぷり観賞することが出来ました。3連休は台風15号がせまっていて天気が心配でしたが、四国に上陸することはなく到着した日に小雨がパラつく程度で残りの2日間は快晴となりました。

システィーナ・ホール - 大塚国際美術館

陶板名画はオリジナル作品と同じ大きさで複製されているので、システィーナ礼拝堂最後の審判がホールそのまま再現されています。陶板に転写された絵画の再現度がどのくらいのものかはともかく、その大きさを体感出来るのはとても面白いです。

アテネの学堂 - 大塚国際美術館

美術館はB3〜2Fまで5フロアで渡って1,000余点が展示されています。マップ&ガイドのモデルコースでは各フロア20分程度で特に有名が作品を巡るコースが紹介されています。自分は美術館や博物館は端から端まで見てまわらないと気がすまないので1フロアに約1.5hほどかかり、2日間かけてたっぷりと観てまわりました。

うずしお - 鳴門大橋下

大塚国際美術館だけでまるまる2日間かかると思っていましたが、2日目の朝に時間が取れたのでうずしお観測船に乗って来た。うずしおが期待できる時間帯より少し早かったのでハッキリとしたうずしおがたくさん見られたわけではありませんでした。が、鳴門大橋の下に差しかかると急に激しい潮流が発生してその一端は十分感じることが出来ました。

機内から富士山を望む

帰りのフライトでは富士山がよく見えました。今回の写真はすべてiPhone 14 Proで撮影したもの。うずしおの写真は動画からの切り出し。

電車や飛行機のチケット、Apple Payでの支払いと旅行にiPhoneは欠かせなくなっているので新しいiPhoneに移行したばかりで旅行に望むのはちょっと怖い。なので当初は旅行の後にiPhone 14 Proを買うつもりでした。しかし、iPhone 12を買ったときにAndroidからの移行でもなんだかんだ1日で終わったので、iPhoneからiPhoneへの移行ではもっとズムーズに行くだろうと思い切ってiPhone 14 Proを購入しましたが。今回の旅行に間に合ってよかったです。

今回はすべてが予定通りあるいはそれ以上にスムーズに運んだので満足度高い旅行でした。

 

iPhone 14 ProのDynamic Islandと望遠レンズ

P9194986_2

iPhone 14 Proの特徴の一つ、Dynamic Island。今回iPhone 14 Proを買った理由の一つがDynamic Islandが搭載されているのがProシリーズのみだったから。従来のノッチのままならiPhone 12から買い替える程じゃないし、買い替えるとしてもスペック的にはiPhone 14で十分だったのですが、従来のノッチのままじゃ面白くない。

発表イベントでDynamic Islandの説明を見たときはうまいことデザインしたなと思いつつも、いやでもパンチホールが残っていることは変らないじゃんと思ってました。実際に使ってみるとたしかにノッチ横のスペースよりはパンチホールにしたほうが広く使えている印象はあります。Dynamic Islandの動作も自然なのでいいんじゃないでしょうか。

P9194988

スペック的には無印で十分と言いましたが、望遠レンズが搭載されているのはやっぱり便利。メインカメラの広角もいいんだけど広角だと余計なものが映ってしまうので、意外と標準から中望遠で撮りたいシーンがあります。

しかし200gオーバーは重たい。

WEC 2022 Rd.5 6HOURS OF FUJIに行ってきました

P9113850

FIA世界耐久選手権 第5戦 富士6時間耐久レースに行ってきました。コロナ禍で日本では世界選手権が2年間行なわれなかったため、2019年以来3年ぶりの開催です。今年は予選・決勝とも快晴でした。例年10月に行われているWEC Fujiですが、今年は9月開催となりました。

続きを読む

my new gear... iPhone14 Pro

iPhone 14 Pro

iPhone14 Proを購入しました。今回はSIMフリー版の256GB、シルバー。メインカメラで48mmが使えるようになったのが嬉しい。iPhone12からの買い替えなので望遠レンズが使えるようになったのも大きな違いです。

前回iPhone12はAndroidからの乗り換えだったので、移行が大変だった記憶があるが、iPhoneからiPhoneでも各アプリケーションへのログイン大会になるのは一緒だったので手間はそれほど変わらなかったかも。ホーム画面の並び順がそのまま移行出来るのはありがたかった。

夏休み2022千里浜なぎさドライブウェイへ

千里浜なぎさドライブウェイ

8/12〜8/15の3泊4日で石川県までドライブしてきました。目的は千里浜なぎさドライブウェイでじみスタ号の写真を撮ること。上のように目的の写真を撮ることは出来ましたが、初日、2日目は波浪警報が出ており、ほぼ全面通行止め。3日目にしてようやく撮影できました。

続きを読む

ENEOS スーパー耐久シリーズ 2022 Powered by Hankook 第2戦 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レースに行って来ました

Untitled

開催5年目となった富士24時間レースに行って来ました。タイトルのENEOSが全角なのは大会名としてこちらが正しい表記らしいです。

P6059512

例年300Rをキャンプ地としていましたが、今年はGRスープラコーナーに移動。目の前はGRスープラコーナー、振り向けばダンロップコーナーが見えます。駐車場も指定券を確保したので早朝からゲート前に並ばずに済んだのでいつもよりゆっくりの入場。

Untitled

昨年は建設中だった富士スピードウェイホテルの粋な演出。開業したら宿泊客に協力してもらってやるのでしょうか。

Untitled

Untitled

昨年に引続きゆるキャン△とコラボ。今年はコラボグッズのシェラカップ購入しました。

P6049476

昨年は霧の中の花火でしたが、今年はしっかり見えました。

P6048427_2

昨年から参戦の水素エンジンカローラスポーツはMORIZO選手に加えWRCチーム代表のラトバラ選手が参戦。カーボンニュートラル燃料のGR86、さらに日本発売前の新型NISSAN Z。写真の244号車は通常のガソリン燃料ですが、僚機の230号車はカーボンニュートラル燃料であることが大会当日に発表されました。このほかにもSUBARU BRZMAZDA 2が参戦するST-Qクラスはいつのまにやら大盛況の7台が参戦。

P6059933

レースは760ラップで62号車 HELM MOTORSPORTS  GTR GT3が24時間レース初優勝!

寝ても覚めてもレースが見られて幸せな週末なので、この先10年20年と続いて欲しいレースです。また来年!

Sonos RoamのAlexa連携にてこずった

Sonos RoamはGoogleアシスタントとAlexaに対応していますが、日本で使えるのはAlexaのみです。米国では6月から独自の音声操作、Sonos Voice Controlをはじめるそうですがこちらも日本対応は未定。

というわけで現状はAlexa一択。やりたいことはAndroid TVの電源ON/OFFをAlexa経由で行うこと。

早速それぞれを設定します。Android TVはSHARP製なので「COCORO VISION TV Remote」を使って連携。
Amazon Alexaとの連携について│液晶テレビ(AQUOS)│サポート・お問い合わせ:シャープ

Sonos RoamのほうはSonosアプリから設定します。
音声操作対応のSonosスピーカーでAmazon Alexaを設定する | Sonos
が、ここで何度やってもエラーで連携できない。

Sonos Roam Alexa Setup Error

ググってみると設定するデバイスAmazonアカウントがログインしているとダメらしいのでKindleやPrime Video、果てはブラウザのAmazon.co.jpからもログアウトする必要があるみたい。iPhoneから設定していたのでとにかくAmazon系のアプリから全てログアウト、ブラウザもAmazon.co.jpからログアウトした。が、やっぱり連携出来ない。

その度にまだログインしているアプリがないか探していて、思ったより多くのAmazonサービスを利用していることに気がついた。

上記をすべてログアウトしてもエラーは解消されなかったので、まだあまりアプリを入れていないiPad Proから設定したらすんなり設定できた。最初からiPad Proで設定すればよかった。サクっと設定して音声操作出来るようになるつもりだったのに。

連携したらAndroid TVの電源ON/OFFは出来るようになったが、テレビの電源OFFにしてから時間が経ってしまうとテレビからの応答がなく、電源ONに出来ない模様。Alexaは反応しているのでAndroid TV側の問題っぽい。「クイック起動」をONにしてみたが効果なし。IP固定にしたほうがいいのかな?

一番やりたかった起床してベッドから音声操作でテレビをつけるが出来ないが、Alexa連携にてこずってつかれたのでこの先はまたの機会に。